windows10の拡張子の表示方法や関連付け(既定のアプリ)の設定、隠しファイルの表示方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

windows10の拡張子の関連付け、既定のプログラムの設定方法を紹介します。

拡張子というのはプログラムやファイルごとに識別するための文字です。

そして拡張子というのはファイル名の末尾に記載されるものになります。

テキストファイルなどは「●●●.txt」といったかたちで「.txt」の部分が拡張子となります。

また拡張子の関連付けについてですがこれもなにそれ?って思う方もいるのでざっくり説明します。

例えば音楽を聴くときに 「●●●.mp3」の曲を再生するとしましょう。

何も気にしないで再生したら「windows media player」で再生されたとしましょう。

でも「itunes」で聴きたい!とかって違うソフトで実行されるようにしたいなんて時に必要になります。

どの拡張子のファイルでどのアプリケーションを起動するかを識別するためのものですね。

今回はその拡張にかかわる設定についてご紹介していきます。

拡張子・隠しファイルの表示方法

標準の設定では拡張子や隠しファイルは表示されないように設定されています。

基本的にはこの拡張子を表示しなくても支障はありませんが

細かい設定や確認などをする際に稀に必要になることがあるので

覚えておいて損はないでしょう。

隠しファイルはシステムに不可欠なファイルの可能性が高いため

下手にいじってしまうとwindows10やその他のアプリケーションが正常に動作しなくなる

恐れがあるので注意してください。

1.まずどれでも大丈夫なので「フォルダ」を開きます。

※新規フォルダの作成方法は、デスクトップ画面のアイコンがないもないところで

右クリックし、メニューが表示されるので「新規作成」→「フォルダー」をクリック

することで作成できます。

2.フォルダーを開いたら次に、上部のメニューから「表示」をクリックします。

3.画面右上にファイル名拡張子、隠しファイルそれぞれチェックボックスがあるので

有効にする場合はここをクリックしてチェックを有効にしましょう。

下記の画像が拡張子表示有効と無効を並べたものです。

左側が拡張子表示無効

右側が拡張子表示有効

右側は 「.txt」が表示されているのが分かります。

拡張子の関連付け(既定のアプリ)の設定方法

拡張子の表示方法を説明しましたが次に拡張子の関連付けの設定について

説明していきます。

この設定を行う事でアプリのアイコンも変更されます。

1.「スタートボタン」から「歯車アイコン」をクリックします。

2.「windowsの設定」画面が表示されるのでここで「アプリ」をクリックします。

3.左側メニューから「既定のアプリ」をクリックします。

4.既定のアプリ画面の中段に「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」

があるのでこちらをクリックします。

5.この画面で拡張子の関連付け設定を行うことができます。

例えば具体的に何をどう設定していくかというと

下記の画面の赤枠に「.mp3」というファイルがありますね。

これは音楽ファイルの拡張子の1つです。

仮に、外付けUSBメモリなどからmp3ファイルを再生するとしましょう。

この状態の設定でmp3ファイルをダブルクリックすると

mp3の既定アプリが「Grooveミュージック」になっているので

このGrooveミュージックというアプリが起動しmp3ファイルが再生されるということになります。

ここでGrooveミュージックを使って再生したい!という方なら問題ありませんが

例えばmp3ファイルは「itunes」で再生したいなぁ~というときはこのままの設定では

itunesが起動しないので設定変更する必要があるということです。

では実際に既定のアプリをitunesに設定する方法もやってみましょう。

このままではmp3の既定アプリがGrooveミュージックなのでこれを変更するには

この規定のアプリである「Grooveミュージック」をクリックします。

選択すると下記のようにアプリが複数表示されているのがわかります。

ここで任意のアプリを選択することになります。

今回はmp3ファイルの既定アプリを「Grooveミュージック」から「itunes」に

変更するので「itunes」をクリックします。

これで既定のアプリの設定変更完了です。

拡張子の関連付け、既定アプリの変更ができない場合

私自身もこの記事を書きながら同じ現象になりました。

上記の方法でitunesに変更をする際にクリックしても一切反応がない状態で

既定のアプリが変更できない状態になっていました。

原因や直接的な解決方法は謎のままですが、一度設定画面を閉じて再度同じ設定画面まで

戻る事で変更できるようになった時もあります。

もしくは一度再起動をしてみることで既定のアプリが変更できるようになるかもしれません。

あとは別の既定のアプリの開き方がありそちらから開きなおす事で設定できない事象が

解消されるかもしれませんので皆さんも試してみてください。

別の方法で既定のアプリを開く

1.まず初めにコントロールパネルを開きましょう。

※コントロールパネルの開き方については下記の記事を参照してください。

コントロールパネルの開き方

2.コントロールパネルを開いたら次に「プログラム」をクリックします。

※プログラムのアンインストールという文字をクリックしてしまうと別の

設定画面になるので「プログラム」という文字をクリックしてください。

3.「プログラム」画面から「既定のプログラム」をクリックします。

※ここでも先ほどと同様に下の文字の「メディアまたはデバイスの既定設定の変更」をクリックしてしまうと別の設定画面に飛んでしまうので注意してください。

4.次に「既定のアプリ」画面が開くのでここから

「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」をクリックしましょう。

既定のアプリの設定画面は全く同じですが私はこの方法で開いた時に

正しく既定のアプリが変更されるようになりました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です