windows10のスタートアップの場所や登録設定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

windows10でスタートアップに登録する方法を紹介します。

スタートアップに登録するには、指定のフォルダに登録するためのアプリケーションのショートカットを入れないといけないのですが、そのフォルダがかなり階層が深く分かりにくいところに入っています。ですが、すごく簡単にその対象のフォルダを開く事ができますので安心してください。

スタートアップってなに?

このスタートアップという物は、パソコン起動時や、ユーザーでログインした時に、

自動的に特定のプログラムを起動・実行させるものです。

アプリケーションをインストールした時にや設定に、自動で設定する項目があるものもあります。知らない間に、いろんなアプリケーションが最初から起動するようになってた・・・

なんて人もいるのでこの機能を使って、不必要な物は無効にすると次回の起動時から

アプリケーションが起動しなくなりますよ!必要ない物ばかり大量に起動するようになっていたらパソコンの動作も遅くなってしまってデメリットですからね。是非設定を見直してみてください。

それでは

早速スタートアップに登録するための手順の説明をします。

スタートアップ登録、設定手順

1.「スタート」ボタンを右クリックします。

2.メニューが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

wind10スタートアップ登録1

3.「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので入力枠に下記のように入力します。コピー&ペーストしていただいても大丈夫です。

「 shell:startup 」

wind10スタートアップ登録2

4.入力後に「スタートアップ」というフォルダが表示されるので、そのフォルダに

アプリケーションのショートカットを入れてあげます。これで次回パソコン起動時から

自動的に対象のアプリケーションが起動されるようになります。

※ショートカットの作成についてはこちらの記事をご覧ください。

windows10のアイコンのショートカット作成の方法!

wind10スタートアップ登録3

スタートアップの登録や設定を行う②

スタートアップフォルダからアプリケーションを登録する方法をご紹介しましたが

こちらはタスクマネージャーから登録(有効・無効)にする設定方法を説明していきます。

※こちらで設定できるアプリケーションは限られていて

アプリケーションの機能としてスタートアップに登録する有無を設定できるもの

例えばskypeなどは最初からスタートアップに登録できる機能が備わっているのですが

こういったアプリなどはタスクマネージャーから簡単にスタートアップ設定で

有効・無効の設定ができるようになっています。

まずはじめに「タスクマネージャー」を起動しないといけないのですが、

便利なショートカットキーがありますので合わせて紹介します。

「Ctrl + Shift + Esc 」

これでタスクマネージャーが開けます。

開いた画面はこんな感じです。

win10スタートアップ2

この画像を見てもらうとわかりますがタブに「スタートアップ」という項目があります。

そちらをクリックしてあげると、

win10スタートアップ3

スタートアップの設定方法

スタートアップの有効・無効の設定についてですが下の画像で

設定したいアプリケーションの名前とその状態が表示されているのがわかるかと思います。

win10スタートアップ4

そして特定のアプリの有効・無効の設定をするときは、「状態」表示されている

有効・無効の文字を「右クリック」します。

するとメニューが表示されます。

下の画像では、現在スタートアップが有効になっているアプリのメニューを開いた状態なので

「無効化」のメニューが表示されているのがわかります。

そして「無効化」する場合はこのメニューで「左クリック」してください。

win10スタートアップ5

逆に現在は「無効化」されているアプリを有効化する場合は

先ほどと同様に対象のスタートアップ無効化アプリを「右クリック」すると

「有効化」のメニューが表示されるので「左クリック」することで有効になります。

win10スタートアップ6

以上で説明は終わりです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です