Windows10のシステムを初期状態に戻す(初期化)する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと言葉遣いがややこしい部分があるのですが、Windows 10のリカバリー(初期化)という機能は、パソコンにインストールされているWindows 10を購入時やクリーンインストール時の初期状態に戻す機能です。

追加したアプリやドライバーなどはすべて消去され、すっぴんのWindows 10に戻ります。

ただし、大規模アップグレードは適用された状態になりますので、本当の最初のWindows 10に戻るわけではありません。大規模アップグレードをダウンロードしてインストールするにはかなりの時間がかかりますから、そこが省けるのは非常に効率的です。

初期化の使いどころは、使っているWindows 10パソコンの動作が不安定になった場合の最後の一手の一つと考えていただければ良いでしょう。

ほぼ完全にまっさらなWindows 10に戻す機能ですので、追加したアプリやドライバーによって動作が不安定になっている場合には、パソコンの安定動作を取り戻せる可能性が高くなります。

以下では、このリカバリー(初期化)を行うための手順をご紹介していきます。

※記事の後半では、windows10の初期化している画面で進まなくなった(フリーズ)場合の対処も追記しました。

windows10の初期化設定手順

Windows 10の標準機能で備わっている機能を使って初期化を行います。

1.まず初めにwindowsボタンをクリックし、設定アイコン(歯車)をクリックします。

2.設定画面の左メニューから「回復」をクリック

3.回復メニューから「このPCを初期状態に戻す」という項目があるので

ここで「開始する」をクリックしましょう。

windows10の初期化方法には2種類

①個人用ファイルを保持する。

②すべてを削除する

これら2つありますがまず初めの①の個人用ファイルを保持するについて解説していきます。

こちらは名前の通り個人用ファイルを保持しつつほかの設定などはすべて削除、初期化するというものです。

大事なファイルなどを全て移動させている場合などは②の選択でも大丈夫ですが

初期化後に「あのファイルのバックアップ取るの忘れてた・・・」なんて不安な方は

こちらの①を行った方がよいかもしれません。

「個人用ファイル」ってなに?っていうことですが簡単にいうと

インストールされたアプリケーションを除くマイドキュメントなどに残っている画像ファイルやExcelファイル、メモ帳データなどです。

※excelファイルなどは残りますが、初期化するとexcel自体のプログラムは再インストールが

必要になりますので事前にシリアルやインストールディスクなど容易しておくとよいでしょう。

個人用ファイルを保持するPC初期化

1.先ほどの①の項目の続きになります。

①を選択すると下記の画面になります。

ここでは削除されるアプリケーション一覧が表示されます。

一覧を確認して何が削除されるのかある程度把握しておきましょう。

初期化後に必要なアプリケーションも再インストールが必要になりますので

初期化ついでに必要なディスクやシリアルなど用意しておくと良いです。

確認が終わったら「次へ」をクリック

2.これが初期化設定の最終確認画面です。

良ければ「リセット」をクリックします。

リセットをクリック後は初期化が自動的に行われるのでしばらく待ちましょう。

私のPC環境ではだいたい1時間ほどで初期化が終わりました。

この初期化時間に関しては環境によってまちまちになります。

初期化のタイミング的には寝る前などにやっておくと良いかなと思います。

3.初期化が終わるとログイン画面がでるのでログインします。

※①で初期化を行った場合ログインするユーザーアカウントは残ります。

下記の写真には「削除されたアプリ」というデータが表示されているのがわかります。

これは先ほど確認した手順2の削除されるアプリ一覧が確認できます。

PCを初期化状態に戻す処理中に削除されたアプリ一覧ということで

ここで何が削除されたのかを確認して必要なアプリケーションを再インストールしましょう。

これで①を選択した場合のwindows10の初期化は完了です。

次に②のすべて削除するを選択した場合の手順を紹介します。

すべて削除するPC初期化

こちらはユーザーアカウント情報なども含めて完全に出荷時状態に戻る初期化になります。

こちらを選択する状態としては、いろいろな不必要なファイルなどがたくさんある場合や

windows10の動作が不安定になってしまった場合などです。

もちろん消したくないファイルなどがある場合は事前に外付けハードディスクなどに退避させておきましょう。 ただしウイルスなどに感染してどのデータに感染しているかわからない場合に安易に外付けハードディスクなどにデータを移してしまうとそのデータからさらに感染してしまう恐れもあるので十分注意してください。

1.windows10の初期化手順②を選択すると下記の画面になります。

この画面に表記されている通りすべてのデータが消えて完全な初期化されますよということですね。準備が良ければ「リセット」をクリックします。

あとは自動的に初期化が進みますのでそのまま待ちましょう。

こちらの初期化は手順①よりも時間がかかりますので注意してください。

※windows10の初期化を行った際に「このPC初期化状態に戻しています」
の画面で99%までいったところで止まって(フリーズ)してしまう現象について

私の環境ではこの手順②にある「すべて削除する」を選択しwindows10の初期化を

行った場合、「このPC初期化状態にもどしています」の画面の99%までいったところで

止まって(フリーズ)しまいました。 ※2回試しましたが2回とも同じところで。

これはwindows10の環境にもよるとは思いますが私と同じように初期化の99%で止まってしまう場合はどうしたらよいのかということですが。

この状態になってしまった場合はいつまで経っても次に進むことができません。

なので一度パソコンを強制終了(電源ボタン3秒以上の長押し)させましょう。

そして再度、電源を押して起動させます。

ここでまた厄介だったのが電源を押して立ち上げなおしても

画面が真っ暗の状態でした

皆さんもここでつまづいていらっしゃる方もいるんじゃないかなと思いますが

私自身が検証したところこの真っ暗の画面でも内部で処理が行われているようです。

なのでこの真っ暗の画面でしばらく待ちましょう。

※私の環境の場合は1時間ほど別作業をして待ちました。

そうすると次の処理が走り出していました。

ここまでこれば一安心です。

仮に1時間まってもダメな場合は

再度パソコンを強制終了させてしばらく待ってください。

メモが気になりますが初期化状態(99%でフリーズ)してしまった場合の流れとしては

下記の流れでした。

このPCを初期状態に戻しています(99%)

画面がフリーズするので強制再起動を行ったあと1時間ぐらいまつ
ここでは画面が真っ暗のままだがそのまま待機する

リセットを続ける青い画面が表示されるのでリセットを続行する

何度か再起動がかかるがしばらく待機

この間で初期化作業とwindowsのクリーンインストール作業が行われます。

windowsのクリーンインストール後に初期設定画面に移るので設定を行います。

初期化が無事に終了するとPC初期設定画面になります。

この初期化画面も画像付きでご紹介できればよかったですが

画面キャプチャできませんでしたので文章のみになりますが説明していきます。

windows10の「すべて削除」するを行った後の初期設定

1.まず初めに住まいの地域設定(国選択画面)になりますので

ここでは日本を選択しましょう。

2.次にキーボードレイアウト選択画面になります。

そのまま「はい」を選択

※その次の画面で2つ目のキーボードレイアウトの追加画面になりますが

特に追加する予定がない人やわからない方は「スキップ」を選択でOKです。

3.次の画面ではネットワークに接続する画面です。

Wifiの接続するためのSSIDを選択する画面になるので使用するSSIDを選択し

「次へ」をクリック。

※私のPC環境がwifiでインターネットをつなげていた関係でこの画面になりましたが

有線ケーブルを使用しているPC環境の場合はこの設定画面自体スキップされるかもしません。

4.次の画面では「ライセンス契約」の画面になるので良ければ「同意」をクリックします。

5.次に「設定する方法を指定してください」という画面になります。

ここでは「個人用に設定」、「組織用に設定」と2つありますが
家庭で使用するパソコン環境であれば「個人用に設定」を選択しましょう。
そして次へをクリック

6.Microsoftアカウントでサインインという画面になります。
Microsoftアカウントを使用したくない場合や持っていない方は

画面の左下にある「オフラインアカウント」をクリックします。
そして次のサインイン画面では「いいえ」をクリックします。

次にPC使用者の名前ということでユーザー名を入力し、「次へ」をクリック
次にパスワードの入力画面です。任意で入力します。

以上で初期設定も完了になります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です