Windows10では付箋が消えた?!新しくなった付箋アプリ(Sticky Notes)の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 10にも付箋アプリが標準で搭載されています。

ただ、大規模アップデートのAnniversary Updateでスタートメニューに登録されるアプリの名称が変わりました

「付箋」で探して「あれ?付箋アプリどこ行った??」となった方もいらっしゃるかもしれません。今は、付箋という名前ではなくなり「Sticky Notes」という名前でスタートメニューに登録されています。

今回はWindows 10での付箋アプリことStickyNotesの使い方を説明します。

付箋(Sticky Notes)の出し方、場所について

まずは付箋アプリの最初の起動方法です。

1.「スタートボタン」をクリックします。

2.右側のプログラム一覧の中にある「S」の項目のリストに付箋(Sticky Notes)があるのがわかります。こちらをクリックすれば付箋が起動します。

Sticky Notesは手書き入力にも対応した関係からか、Windows Inkのワークスペースにも含まれる形となりました。ですので、Windows Inkワークスペースからの起動も可能です。

usage35_02

付箋の色を変える

Stick Notesでも貼り付けた付箋の台紙の色を変えることが出来ます。その際には、「・・・」のアイコンのボタンをクリックします。

usage35_03

こちらの色から選択が出来ます。

usage35_04

色の変え方は付箋アプリから変更になっています。

付箋のフォントの修飾

付箋アプリ同様に文字の修飾が可能です。

usage35_05

下線は、修飾を行いたい文字を選んだ状態で「Ctrlキー+U」を入力します。

イタリックは、同様の手順で「Ctrlキー+I」

太字は「Ctrlキー+B」

取り消し線はSticky Notesで加えられた新しい修飾ですが、キーコンビネーションは「Ctrlキー+T」になります。

元々の付箋アプリにあった箇条書き(「Ctrlキー+L」)、文字サイズの変更(「Ctrlキー+>、Ctrlキー+<」)は現時点のSticky Notesでは省略されているようです。

また、画像や表の貼り付けも出来なくなっています。

今後の機能追加を期待したいところです。

付箋の追加

付箋の追加は付箋のウィンドウの左肩にある「+」ボタンを使います。

usage35_06

付箋の削除

付箋の削除には右肩のごみ箱アイコンのボタンを使います。

usage35_07

付箋に書き込みがない場合には何の確認もなく直接その付箋が消えますが、何らかの書き込みが既に行われている付箋では、次のような確認が行われます。

usage35_08

手書き入力

Windows Inkの機能説明の記事でも触れましたが、タッチペンが使える端末では付箋にも手書きの書き込みが出来ます。

usage35_09

付箋の内容の保存

付箋に書き込んだ内容は自動保存されますので、ユーザーがセーブ操作を行う必要はありません。

また、1枚でも付箋がデスクトップに貼られた状態になっていると、パソコンの再起動を行った後には付箋アプリが自動起動して、再起動前の付箋の状態が再現されるようになっています。

メモ書き、リマインダー、簡単なToDo管理など、とても便利に使えるアプリですので、是非活用してみてください。

付箋のフォントサイズできない?付箋のフォントサイズを変更するには?

windows10のアップグレード可能になった初期のころは

stickynotesという名前ではなくまだ付箋という名前で存在していて

フォントサイズの変更が可能でした。

(変更したい文字を選択した状態で Ctrl + shit +>キーで拡大など・・・)

ですが、この付箋がsticky Notesという名前に変更されプログラムが一新された関係で

この文字サイズ、フォントサイズを変更することができなくなりました。

でもやっぱり文字サイズ変更したいですよね・・・。

付箋の文字サイズ、フォントサイズをどうしても変更するなら

先ほどもご説明した通り、windows10の備わっている付箋(sticky notes)では

文字サイズ、フォントサイズの変更、設定などがなくなりました。

なのでその場合はwindows10で使えるフリーの付箋アプリをインストールしましょう。

今回は私自身も使用している付箋アプリをご紹介します。

windows10で使える文字変更も可能なフリーの付箋ソフト

私自身も愛用しているwindows10で使えるフリーアプリの「付箋紙21FE」についてご紹介します。

このアプリはフリーなのでもちろん無料でしかも機能面でも優れていてフォントサイズの変更も可能です。しかもネットワークに対応しており、同じネットワーク環境で複数台のパソコンでこのアプリをインストールしていると、パソコンAで作成した付箋をパソコンBへ送るなんてこともできます。かなり便利です。

このアプリはブラウザで「付箋紙21FE」と検索していただくと一番最初に出てくるのでそこからダウンロード、インストールを行います。

付箋紙21FEの起動方法はスタートボタンをクリックし

すべてのプログラムの中にある「ふ」の項目に「付箋紙21」という名前のものがあるので

こちらをクリックします。

そうすると、付箋紙21フォルダが展開されるので「付箋紙21」をクリックします。

これで付箋が起動します。

付箋のショートカットを作るには

この付箋紙21を「右クリック」しメニューから「スタートにピン留めする」を

クリックしておきましょう。

これでスタートボタンを押したときに右側のライブタイルに付箋のアプリが表示されるので

すぐに起動できるようになります。

付箋紙21の使い方

インストール後に付箋紙21を起動すると下記の画面が表示されます。

これで先ほども説明したネットワーク機能を利用するかどうかです。

同じネットワーク内で複数台のパソコンを使用していて付箋を共有したい場合は

この機能を利用するを選択しておきましょう。

次に旧バージョンのデータを利用する旨の画面が出ますが

今まで使用したことがない場合は「いいえ」でOKです。

これで初期設定完了です。

付箋を使用する場合はタスクバーに表示されている

付箋アイコンをダブルクリックします。

これが付箋紙21の画面です。

付箋を貼る場合は

黄色枠内に文字を入力、あとフォントの変更やフォントサイズの変更なども

細かく設定できます。

複数台のパソコンを使って付箋内容を送信する

この付箋紙21には便利なネットワーク機能があり

付箋内容を送受信することができます。

下記の画面では付箋内容を送る際の設定などを説明しています。

①に表示されているのがネットワーク内に存在するパソコンの端末(コンピュータ名、ユーザー名などで表記されています)の一覧が表示されているのでここから

送信したい端末をクリックしていくと②の枠に追加されていきます。

つまり送信先は複数選択可能です。

ここで付箋内容を送りたい端末を選んだところで「送信」をクリックすれば

付箋内容が対象の端末へ送信されます。

あと送信オプションなどで、「内容をふせて張り付ける」や「相手が読んだことを確認する」などありますがこの辺は、会社などで使う場合に送信内容が大事なものであったり送信した瞬間に相手の画面に付箋内容が丸見えになってしまって困る場合があるのでその場合は

相手が付箋内容をクリックするまで見えないようにする設定になります。

自宅で使う場合は特に必要ないですがこういった便利な機能もありますので

ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です