ユーザーアカウント制御(UAC)の無効化などの設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Windows VistaからWindowsにはユーザーアカウント制御(UAC)という仕組みが導入されました。

システムとして重要なディスク領域へのファイルの書き込みや、管理者の権限がないと動かすことが出来ないプログラムなどを実行する際にプログラムの動作を一旦止め、必ず一度ユーザーの確認を促す仕組みです。

これにより危険なプログラムがいつの間にかシステム権限を使って動作して、システムに致命的なダメージを与えることをブロックすることが出来ます。

ただしその分、安全と分かっているプログラムの動作でもUACの確認画面が出て面倒に感じるケースもあるかもしれません。

この記事ではWindows 10でUACを無効にする方向の設定を取り上げます。

ただ、セキュリティの観点上はUACを無効化することはあまりおすすめできません。設定を行った以降は、ユーザーそれぞれが実行するプログラムの管理をしっかり行なう必要があることは念頭に置いてください。

ユーザーアカウント制御(UAC)を完全に無効化する方法

Windows 10はコントロールパネルの設定だけではUACを完全に無効化することが出来なくなりました。コントロールパネルでの設定に加え、レジストリエディターでの追加設定が必要です。

また、Creators Update導入前のビルドでは、UACを完全に無効化するとWindows ストアのアプリ、ストアアプリ(UWP版アプリ)が動作しなくなります。Edgeや標準のメールアプリなども動かなくなりますのでご注意ください。

まず最初にコントロールパネル側の設定を行います。

起動はスタートメニューの「Windows システムツール」のフォルダにあるショートカットなどが使えます。

usage48_20

Creators Update導入後は、スタートボタン右クリックのメニューにはコントロールパネルが表示されなくなっています。

コントロールパネルが起動したら「システムとセキュリティ」のページに移動します。

usage48_21

システムとセキュリティのページからは「ユーザーアカウント制御設定の変更」を使います。

usage48_22

こちらで、画面左側にあるスライダーを

usage48_23

一番下まで持って行ってOKボタンをクリックします。

usage48_24

次にレジストリエディターを起動します。Windowsキー+Rキーで表示される「ファイル名を指定して実行」を使うのが楽でしょう。

名前の欄に「regedit」と入力してEnterキーを押します。

usage48_25

レジストリエディターが起動したら目的のキー値を探す訳ですが、かなり階層の深いところにある値ですので、レジストリエディターのアドレスバーを表示させて以下の値を直接入力するのが楽でしょう。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System

usage48_26

この中の「EnableLUA」という値を修正します。右クリックしてメニューを出したあと「修正」コマンドを使います。

usage48_27

EnableLUAの「値のデータ」に0(ゼロ)を書き込んでOKボタンをクリックします。

usage48_28

このあとWindowsを再起動すると、UACが完全に無効化された状態になります。

ユーザーアカウント制御(UAC)無効化の設定を個別に行う方法

上にも書きましたとおり、OSレベルで完全にUACを無効化することはあまりおすすめできません。

ですがよく使う安全なことが確認できているプログラムで毎回UACの制御が働くのは面倒、といった場合には、こちらの方法を使ってプログラムごとの設定を行うと良いでしょう。

こちらの方法はちょっとトリッキーですが、レジストリエディターや特殊なスクリプトの設定が不要です。

まず毎回管理者権限で実行したいプログラム本体の設定を行います。例では、キー配列を入れ替えるKeySwapというフリーソフトで実践してみます。

usage48_01

プログラム本体のファイルを右クリックしてメニューを出し、「プロパティ」を表示します。

usage48_02

目的のプログラムのプロパティが表示されたら、「互換性」タブを使います。

usage48_03

互換性タブのページで下側にある「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを付けて「OK」ボタンをクリックします。

usage48_04

次に「タスクスケジューラ」を起動します。このプログラムはスタートメニューの「Windows管理ツール」のフォルダにショートカットが登録されています。

usage48_05

タスクスケジューラが起動したら、「タスクスケジューラライブラリ」を画面左上から選んだあと、右側の「操作」のボックスの中にある「タスクの作成」をクリックします。

usage48_06

タスクの作成のサブウィンドウが表示されたら、「全般」タブのページの下から2番目「最上位の特権で実行する」にチェックを入れます。

usage48_07

次に操作のタブに切り替えて下にある「新規」ボタンをクリックします。

usage48_08

新しい操作」のサブウィンドウが開きますので、こちらの「参照」ボタンから目的のプログラムを探します。

usage48_09

いつものファイル選択のダイアログウィンドウから、今回試すKeySwapのプログラム本体を指定します。

usage48_10

usage48_11
そして新しい操作のウィンドウの「プログラム/スクリプト」の欄の値を「開始(オプション)」の欄にコピーして「OK」ボタンをクリック。

usage48_12

適当な「名前」を付けて(ここではNoUACとしています)、タスクの作成ウィンドウでも「OK」ボタンをクリックします。

usage48_13

次にUAC制御無しで動かしたいプログラムのショートカットを作ります。プログラム本体を右クリックしてメニューを出し「ショートカットの作成」を行ないます。

usage48_14

続いて出来上がったショートカットのプロパティ画面を出し、「ショートカット」タブ画面に切り替えます。

usage48_15

こちらの画面の「リンク先」に次の文字列を入力します。

C:\Windows\system32\schtasks.exe /run /tn NoUAC

「NoUAC」の部分はタスクスケジューラーで作成したタスクに付けた名前に書き換えます。

また、「実行時の大きさ」は「最小化」にしておきます。

これでUAC制御無しで管理者権限ありの実行を行うための設定は完了です。ショートカットの方をダブルクリックすると、ここの例ではKeySwapが管理者権限で起動します。

ちなみに、今回作ったショートカットのアイコンは「schtasks.exe」のものに変わってしまいますので、

usage48_16

ショートカットのプロパティ画面から、ショートカットのアイコンを変えておくとあとから使いやすいでしょう。

usage48_17

usage48_18

スポンサーリンク

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です