windows10のインターネットオプションの開き方や設定に徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はインターネットオプションの開き方にはじまり設定内容について細かく1つずつ

説明していきます。 全く分からない方は上から1つずつ見ていくことをオススメします。

細かく解説いる関係でかなり長い記事になってしまったため、特定箇所の設定だけ困っている方は目次から特定の項目に移動しましょう。

それでは解説していきます!

コントロールパネルからのインターネットオプションの開き方

1.スタートボタンから「W」の項目にある

windowsシステムツールをクリックし展開します。

次にその中にある「コントロールパネル」をクリックし開きます。

2.コントロールパネルを開いたら次に「ネットワークとインターネット」

をクリックします。

3.ネットワークとインターネットを開くと

右側の項目に「インターネットオプション」が表示されるのでこちらをクリック。

4.インターネットオプションが開くのでこちらで

ホームページの設定、LANの設定、詳細設定などを設定することができます。

インターネットエクスプローラー(IE)からのインターネットオプションを開く

こちらではインターネットエクスプローラー(IE)を使ってインターネットオプションを開く方法をご紹介します。

1.まずはインターネットエクスプローラー(IE)を開きましょう。

インターネットエクスプローラーの開き方は下記の通りです。

「スタート」→「windowsアクセサリ」→「InternetExplorer」

2.インターネットエクスプローラー(IE)を開いたら

画面右側にある歯車のマークをクリックします。

3.メニューの中に「インターネットオプション」があるのでこちらをクリック

これでインターネットオプションが開けます。

それでは次にインターネットオプションの設定を細かく解説していきます。

①インターネットオプション「全般タブ」の設定

インターネットオプションを開くと最初はこの「全般タブ」が開かれていますが

ここで行う設定は、ほとんど「ホームページ」の設定あとは、

「閲覧の履歴」この2つかなと思います。

①-1ホームページの設定

ホームページとは、最初にブラウザ(インターネットエクスプローラー)を起動した際に

開くURLの設定になります。

例えば初期設定の状態でブラウザを立ち上げるとホームページは下記の画像のようにMSNのページになります。

いつもこのページで何かを確認する人であれば問題ないですが、何か検索をするときはいつも

「google」で検索してる人であったり「yahoo」のページでニュースを見てる方は

毎回ブラウザを立ち上げるたびに

このMSNのページから目的のページを検索しないといけません。

かなり面倒ですよね・・・。

そういった場合に、この「ホームページ」を変更することで解決できます。

googleを使いたいのであれば

この全般タブのホームページに「https://www.google.co.jp/」に書き換えます。

URLを打つのが面倒な場合は

まず初めに「ホームページ」にしたいページを検索しましょう。

例えばgoogleの場合はまずgoogleを検索して表示します。

この状態でインターネットオプションを開きます。

そして「現在のページを使用」をクリックすると現在開いているページが

「ホームページ」として設定されます。

ここで1つテクニックですがいつも閲覧しているページが複数ある場合は

このホームページのURL入力枠で開きたいページを改行していって入力していきます。

そして、ここが重要なポイントですが

「スタートアップ」項目で「ホームページから開始する」にチェックを入れましょう。

設定の最後に必ず画面右下の「適用」ボタンをクリックしてください。

「適用」ボタンを押さないと設定が反映されません。

そうすると次回ブラウザ立ち上げた時から設定したサイトが開かれるようになります。

①-2閲覧の履歴の設定

閲覧の履歴ではこれまで閲覧してきたサイトやサイトにログインしたときに

入力した文字などの履歴を削除する事ができます。

ご自身のパソコンであれば特に意識しなくてもよいですが、

会社のパソコンであったり、一時的に使うパソコンなどで

入力したパスワードなど残ってしまうとセキュリティー的にまずいので

そういった場合はこちらで閲覧履歴を削除することをお勧めします。

それでは「閲覧の履歴」項目の細かな設定について説明していきます。

閲覧したページやパスワードの履歴を削除する場合は「削除」をクリック。

ここで閲覧履歴の削除について細かく何を削除するのかを指定していきます。

赤枠で囲っているのは私自身が意識している項目ですが、

先ほど言ったように、ご自身のパソコンでなくて一時的に使って

そのあと何も履歴を残したくない場合は、すべての項目にチェックを

入れて「削除」したほうが一番安全です。

※ただ、会社などで特定のサイトにいつもアクセスしていて

パスワードを省略してログインしているといった環境の場合は

パスワードの履歴も削除されてしまうためまた打ち直しになるので

そのあたりは慎重に判断しましょう。

削除する項目が決まったら最後に、「削除」ボタンをクリック。

②インターネットオプション「セキュリティ」タブの設定

③インターネットオプション「プライバシー」タブの設定

④インターネットオプション「コンテンツ」タブの設定

⑤インターネットオプション「接続」タブの設定

⑥インターネットオプション「プログラム」タブの設定

⑦インターネットオプション「詳細設定」タブの設定

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です