windows10でgmail,yahoo,icloudのメールを設定する手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

windows10で標準装備されているメールソフトを使ってgmailアカウントの登録や

プロバイダ用のメールアカウントの設定方法、まだメールアカウントを持っていない方用に

新規でメールアカウントを作成、設定する方法をご紹介していきます。

windows10標準のメールソフトについて

windows10ではユニバーサルwindowsアプリというMicrosoftが提供している標準メールソフトがインストールされています。このメールソフト使えばgmailはもちろんプロバイダから提供されているメールアカウントの設定、icloudのアカウントも設定可能です。

今回は新規アカウントも含めメールソフトの設定や、アカウントの追加方法などそれぞれ手順を解説していきます。

windows10標準メールソフトの起動方法

1.「スタートボタン」をクリック

2.プログラムの「め」項目に「メール」というのがあるのでこちらをクリックします。

3.これがメールソフトを起動した画面です。

windows10のメールソフトの設定方法について

このメールソフトを使ってアカウントの設定方法を説明していきますが

皆さんのお使いの環境によってメールアカウントが異なると思いますので

一般的に使用頻度が高そうな

gmailアカウント、icould、liveメール、yahoo、プロバイダ提供アカウント

をピックアップして説明していきます。

標準メールソフトでgmailを設定する手順

Googleが提供しているgmailを設定する方法ですがその前に

まだgmailアカウント自体を作っていなくてこれから新しくgmailアカウント使って

メールのやり取りをしたいという方のためにgmailアカウントの作成方法から説明していきます。

gmailアカウント作成手順

1.まず初めにインターネットブラウザを起動し

「googleアカウントの作成」と入力し検索します。

そして最初に表示されたページをクリックします。





2.Googleアカウント作成に必要な項目を入力していきます。

※ユーザー名は@gmailより前の文字列になります。

例えばユーザー名を「abc」と設定した場合は

abc@gmail.com というメールアドレスになります。

ただしメールアカウントはユニークつまり世界に1つだけしか作成できないので

既に作られたアカウント名だと作成できません。

全て入力し終わったら「次のステップ」をクリックします。

ここで項目内容に誤りや不備がある場合は赤文字で注意書きが表示されるので

再設定しましょう。よくありがちなのはパスワードが決められた強度に達していない

推測されやすいものを設定している時です。

簡単に推測されやすいパスワードだとはじかれてしまうので英字、数字の組み合わせ

にすると良いでしょう。

3.「次のステップ」をクリックし問題なければ下記の契約事項の確認画面になります。

右側のスクロールバーを下までもっていくと「同意します」というボタンがあるので

こちらをクリック。

4.これでGmailアカウントの作成完了です。

先ほど入力したアカウント名のメールアドレスが記載されているのがわかります。

これがあなたのメールアドレスになります。

このメールアドレスのメモはもちろんアカウント登録の際に入力した

パスワードはこのあとメールアプリに設定するときなど必要になるのでメモして大切に保管しておきましょう。

最後に「次へ」をクリックします。

5.次へをクリックするとこのような画面になりますが特に何かここで

設定する必要はないのでこれで完了です。このままブラウザを閉じてしまって大丈夫です。

ちなみにgoogleアカウントはgmailを使用できることはもちろんほかのgoogle関連の

サービスも利用できます。アカウントを作成した時点でgoogleアカウントでログインした状態になっています。

googleアカウントの作成が完了したので次はwindows10標準メールソフトへ

アカウントの追加をしていきます。

6.メールソフトを起動し「アカウントの追加」をクリックします。

7.アカウント種類の画面になるので

「Google」をクリックします。

8.googleにログインという画面が表示されるので先ほど登録した

gmailを入力しましょう。

そして「次へ」をクリックします。

9.パスワードを入力し「次へ」をクリック

10.パスワードが正しく入力されていたら下記のアクセスリクエストの画面になるので

スクロールで画面下に移動し「許可」をクリックします。

11.次にメールを送信するときに相手側に表示される名前を決めます。

相手からわかる名前を任意で決めて入力しましょう。

入力が終わったら「サインイン」をクリックします。

12.これでGmailアカウントの設定完了になります。

最後に「完了」をクリックします。

13.完了後に再度メールソフトの元の画面に戻りますが、

ここで先ほど設定したgmailアカウントが作成されているのがわかるかと思います。

使用する場合は「受信トレイに移動」をクリックしましょう。

14.こちらが受信トレイの画面です。

この画面から新規に届いた受信メールの確認や、メールを送る場合は

画面左側メニューにある「新規メール」をクリックしメール作成することができます。

標準メールソフトでyahooメールを設定する方法

yahooメールを設定する前にこちらでもgmailと同様にアカウントの取得方法から説明していきます。こちらでも同様にメールアドレスを作成するわけですが

googleと同様でメールアドレスを利用するにはアカウントの登録が必要になります。

つまりyahooメールを利用するにはyahooアカウントが必要になるという事ですね。

これからアカウントの登録方法手順を説明していきますがメールアドレスの登録じゃないの?って

思われるかもしれませんがメールアドレスを利用するためのアカウント作成ということですね。

yahooメールアカウントを新規作成する手順

1.yahooのホームページにアクセスし

画面右側にある「新規取得」をクリックします。

2.アカウント登録に必要な項目に入力していきます。

①連絡用メールアドレス:これはパスワード再設定や何かあった時の臨時で使う

メールアドレスです。スマホのアドレスでも何でも大丈夫なので

任意のアドレスを入力しましょう。

※ここが空白では登録できません。

②Yahoo_JAPANID:これはyahooアカウントにログインする際のIDと

これから使用するメールアドレスとなります。

@yahoo.co.jpより手前のアドレスですね。

仮に「aaa」とIDを設定した場合は

aaa@yahoo.co.jpになります。

③パスワード:これも同じくyahooアカウントでログインする時に必要な情報です。

任意で入力する形でokですがパスワード設定に決まりがあって

推測されやすいものははじかれるようになっています。

下の注意書きにも書いてあるように「半角英数字・記号で6文字以上」です。

※何度も必要になるのでメモして大切に保管しておきましょう

そのほか郵便番号や名前などありますがこちらも任意で入力していきましょう。

3.画面下にスクロールするとこのような画面になります。

ここでは「画像の文字」を入力するという内容になります。

なぜこれが必要なのかというと世の中にはメールアカウントを自動的に作って

悪いことに使う人もいるのですがそれを防ぐために表示された文字を入力項目

へ入力するという人しかできない作業を追加してるわけですね。

また、ちょっと文字が読みにくいのも機械的に認識して入力させるという事を

防ぐためにそうなっています。

ここで画像表示された文字を⑤へ入力しましょう。

また、仮に文字が分からなかった場合は「別の画像を表示する」を

クリックすると別の文字画像に切り替わるので文字がわかるまで切り替えても

大丈夫です。

そしてこの文字画像の入力が終わったら最後に「YahooJAPANIDを登録」をクリックします。

4.最後に入力した内容の確認画面がでてくるので問題なければ

「同意して登録する」をクリックします。

5.これで登録完了になります。

この画面で登録されたYahooIDや連絡用メールアドレスなど確認ができます。

この内容も大切なので念のためメモしておくと良いでしょう。

また①には確認コードを入力する枠がありますが。

登録する際に入力した「連絡用メールアドレス」にこの確認コードが送られているので

確認して入力しましょう。こちらを入力したら「次へ」をクリックします。

※YahooJAPANIDや登録したメールアドレス、パスワードなどこのwindows10の標準メールソフトに設定する際に必要になります。

実際に届いた登録確認のメール内容がこちらです。

文章の一番上に数字6桁の「確認コード」が記載されているのでこちらを

先ほどの入力枠に入力していきます。

6.これでアカウント登録に関する設定完了です。

それではこの登録したメールアドレスを実際にwindows10の標準メールソフトに登録していきます。

7.windows10の標準メールソフトを起動します。

そして「アカウントの追加」をクリック。

8.アカウントの追加画面にて「詳細設定」をクリックします。

9.次に詳細設定の画面で「インターネットメール」をクリックします。

10.ここでは入力項目が複数あるので画像したで①~⑧まで詳しく

解説していきます。

①:メールアドレスの入力をします。yahooアカウントを登録した際の

メールアドレスを入力しましょう。

②:アカウント名を入力します。ここは登録メールアドレスの「@」より手前の

文字を入力します。※ここは入力間違えするとメールの送受信ができないため@より手前の文字をコピペしたほうがいいです。

③:このパスワードというのはyahooアカウントを登録する際に入力したものです。

手順2のアカウント登録の際に入力したパスワードです。

④:ここは好きな名前で大丈夫ですがyahoo用のメールアドレスとすぐにわかるような名前

もしくはご自身の名前などが良いかと思います。

⑤:この項目ではメールを送信した際に相手側に表示される「名前」になりますので

苗字やもしくは相手にわかる名前がいいでしょう。

⑥:次は受信メールサーバの設定になります。これは説明すると長くなるので割愛しておきます。 下記の受信メールサーバー pから始まるものをコピペしてください。

受信メールサーバー  pop.mail.yahoo.co.jp

⑦:アカウント種類の項目です。メールシステムを選ぶものですがここの説明も割愛します。

「POP3」を選択しましょう。

⑧:⑥と同様に送信メールサーバの設定になります。ここもコピペで。

送信メールサーバー  smtp.mail.yahoo.co.jp

全ての入力項目が終わったら「サインイン」をクリックします。

これで設定完了です。

設定が完了するとすぐに使用可能になります。

またyahooアカウントに登録した際に1通メールがきてるので早速受信されてるのではないでしょうか。

※下記の画像ではすでにgmailアカウントも設定されているので2つアカウントが表示されています。

標準メールソフトでicloudアカウントを設定する手順

iphoneユーザーであればほぼ全員がつかっているはずのicloudアカウントこのアカウントも

windows10標準メールソフトで追加して使用する方法について解説していきます。

icloudのアカウント作成については割愛します。

1.windows10標準メールソフトを起動し、「アカウントの追加」をクリックします。

2.アカウントの追加画面にて「詳細設定」をクリックします。

3.次に「インターネットメール」をクリック。

4.ここで必要事項に入力しますが事前に必要な情報があるので準備しておいてください。

必要なもの

・icloud用のメールアドレス

・icloudにログインする際のパスワード

①:icloudのメールアドレスを入力してください。

例:windows.sousa@icloud.com

②:ここでは登録してあるicloudメールアドレスの

「@」より手前のものを入力します。

①を例にすると「windows.sousa」がユーザー名になります。

③:準備していただいたicloudでログインするときのパスワードを

ここへ入力します。

④:アカウント名は任意で大丈夫ですがicloud用メールアドレスだとわかりやすい

名前にしておくと良いです。

⑤:ここでも任意で構いませんがメールを送信した際に相手側にこの表示名が

見えるのでわかりやすいものがいいです。

⑥:ここでは下記のメールサーバーをコピペでokです。

受信メールサーバー imap.mail.me.com

⑦:アカウントの種類「IMAP4」を選択しましょう。

⑧:ここも⑥と同様にコピペしましょう。

送信メールサーバー  smtp.mail.me.com

⑨:こちらは自動的にチェックボックスが入っていますが

送受信エラーが起きる場合はチェックボックスを外すことで

解決されるみたいです。

私自身がicloudのアドレスを持っていないため検証できておりませんが

何か問題が発生してしまう場合はここのチェック2つを外すということだけ

覚えておいてください。

全ての入力が完了したら「サインイン」をクリックします。

これでicloudのメールアカウントの設定完了になります。

標準メールソフトの基本的な使い方

それぞれ使用するメールアドレスを登録したところで簡単なメールソフトの使い方を説明していきます。

まず初めにこの画面がメールソフトのメイン画面になります。

新規メールを作成する場合は①の「新規メール」をクリックします。

これがメール作成画面です。

あとは宛先の入力、件名の入力、本文を入力していくだけです。

最後に「送信」をクリックすれば送信完了になります。

ここで皆さんは気が付きましたか?

実は、本文中に入力した覚えがない文字が入っていますよね

「Windows10版のメールから送信」と。

これはいわゆる「署名」なんですがハッキリいって邪魔です笑

そもそもこの署名が要らない人もいますし

自分で署名を変更したい人もいるので次にこの「署名」の変更する方法

についてもこの後説明していきます。

標準メールソフトの署名の変更方法

1.メールソフトの最初の画面から画面下にある歯車アイコンをクリックします。

2.画面右側にメニューが表示されるので「署名」をクリックします。

3.署名の設定画面がでてくるのでここで設定をしていきますが

そもそも署名を使用しない場合は、「電子メールの署名を使用する」

を「オフ」にします。

署名の内容を変更する場合はもともと入力されている

「Windows10版メールから送信」を削除して新しく入力しましょう。

また、私が使っている環境のようにこのwindows10標準メールソフトで

複数メールアカウントを運用する方は、この署名設定を

アカウントごとに設定するのか、すべてのアカウントに同じ設定をするのかでも

異なります。

アカウントごとに設定する場合は「アカウントの選択」で個別に

署名などを設定していきましょう。

全てのアカウントで共通に設定したい場合は

「すべてのアカウントに適用する」にチェックをいれればOKです。

今回皆さんが使用頻度が高そうなアドレスの登録からwindows10標準メールソフトへ設定する手順までご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

もしこの手順をおこなってつまづいてしまったところなどあれば問い合わせていただけると幸いです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です