windows10の言語設定で英語など他の言語に変更する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語パックをインストールし英語に変更する

1.「スタートボタン」から「設定」をクリックします。

2.「設定」から「時刻と言語」をクリックします。

3.左側のメニューから「地域と言語」をクリックします。

4.「言語」項目にある「言語の追加」をクリックします。

5.「English」をクリックします。

6.「English」にもたくさん種類がありますが、一番標準的な

「英語(米国)」をクリックします。

※使用する環境によってことなりますのでここは任意のものを選択しましょう。

7.これでEnglishの言語パックのインストールが完了します。

「言語」項目に「English」が追加されるのでそちらを選択し、

「オプション」をクリックします。

8.オプション画面から「基本の入力」のダウンロードをクリックします。

クリックするとダウンロードが開始されるのでしばらく待ちましょう

9.ダウンロード完了後に左上の「←」をクリックし1つ前の画面に戻ります。

10.そして言語の「English」を選択し、「既定として設定する」をクリックします。

11.これで設定完了ですがまだこの時点では「英語」に変更されていませんので

一度パソコンの再起動を行いましょう。

12.再起動後はこのように英語表記に変更されます。







言語を変更後の文字化けを直すには

上記で説明した通りに英語の言語に変更後からキーボードの入力した際に

いつものように入力できない・文字化けが行ってしまいます。

これは言語を英語に変更した際に、キーボードの設定も自動的に変更されてしまうからです。

※英語の言語に変更したあとにパスワードの入力画面ですでにキーボードの設定が変更されているためにいつものようにパスワード入力しても間違っていますと表示されてログインできなくなってしまうのもこの言語設定後にキーボード入力も変更されてしまうためです。

言語を英語にしたあとも日本語用のキーボードをそのまま使う場合には下記の設定が必要になります。

※いろいろと試してみましたがwindows10のHomeとProでこの事象が異なるようです。

 Pro版をお使いの方はキーボードの入力設定がなくても自動的に識別されるようです。

 Home版をお使いの方は下記の設定を行ってください。

言語設定を変更したのちに再度ログインすることで言語設定が反映されますが

こちらでパスワードの入力をするときに、Home版ではキーボードが設定言語の

ものに変更されている(言語を英語にした際には英字キーボードに変更されていた)

ためいつものようにパスワードを入力しても「パスワードが違います」と表示されました。

パスワードが半角英数字、例えば 「abc123」というものであれば特にキーボードの切り替えをしなくても問題ありませんが、ひらがらや特殊な記号を使ったパスワードを使用されている場合はこの設定変更が必須になります。

これを解決するには、ログイン画面にて下記の画像で矢印表記したある

あたりにキーボードの入力切替のアイコンが表示されるのでそこから「日本語」

へ変更しましょう。

切替のイメージとしてはこちらの画像のように「English」と「japanese」という形で

表記されているので「japanese」を選択してください。

言語バーの出し方、消し方の設定

1.「スタート」から歯車アイコンの「設定」をクリックします。

2.windowsの設定画面にて「時刻と言語」をクリックします。

3.左側メニューから「地域と言語」をクリックします。

4.「地域と言語」の設定画面から「キーボードの詳細設定」をクリックします。

5.キーボードの詳細設定に「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」

という項目があるのでこちらにチェックを入れましょう。

※言語バーを消したい場合はこちらのチェックを外してあげれば

表示されなくなります。

6.これで言語バーが表示されます。

言語バーの固定や移動の設定

言語バーは初期設定だと自由に動かせる状態なのでこれを固定するには

下記の手順で設定を行ってください。

1.まず、上記の言語バーの出し方、消し方の手順5まで進みます。

そして「言語バーのオプション」をクリックします。

2.次に「タスクバーに固定する」にチェックをいれて

最後に「OK」ボタンをクリックします。

3.これでタスクバーに言語バーが固定されます。

4.再びタスクバーから移動させたり取り出す場合は、

言語バーを「右クリック」し表示されたメニューから「言語バーの復元」を

クリックすることでタスクバーから取り出すことができます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です