windows操作

Windows10の操作方法をメインにご紹介しています。

windows10

Windows10標準のメールアプリの基本的な使い方

投稿日:2016年7月17日 更新日:

Windowsには一時期マイクロソフト製のメールアプリが標準ではインストールされなくなりました。サードパーティのメールアプリ開発メーカーからの訴えで、EUあたりが独占禁止法を適用してそれにマイクロソフトが従ったのだったと思います。公平なのは公平かもしれませんが、ちょっぴりユーザーは不便でした。

そのあたりの問題は解消しているのか、Windows 10にはマイクロソフト製の純正メールアプリが復活して標準状態でインストールされています。

今の標準のメールアプリは以前Windowsに添付されていたアプリとは全くの別物で、見た目もモダンでWindowsスマホの方と共通性が非常に高いものに切り替わっています。

今回はWindows 10に標準搭載されているメールアプリの基本的な使い方をご紹介します。

はじめに

Windows 10ではサインイン(ログイン)をMicrosoftアカウントで行なうことが推奨されています。

その勧めに従ってMicrosoftアカウントでのサインインを選択してWindows 10のセットアップを行なった場合には、標準のメールアプリにはMicrosoftアカウントに紐付けられているOutlook.comのメールアカウント情報が自動的に設定されて、すぐにメールが利用できる状態になります。

サインインにMicrosoftアカウントを使わずローカルアカウントでのサインインを選択した場合には、何らかのメールアカウントの設定を最初に行なう必要がありますが、その部分はまた別の記事で詳しくご説明します。

メールの閲覧

セットアップの済んだメールアプリを起動すると、最初画面はこのようなウィンドウになります。

usage03_01
一般的なメールアプリの「2ペイン表示」的な構成です。

届いているメール本文を表示するには、右側のペインにあるメールのタイトルをダブルクリックします。するとメール本文が開きます。

usage03_02

 

このウィンドウサイズだとメール本文のみを開いた形の「1ペイン表示」になりますが、ウィンドウの横幅を広げると「2ペイン表示」にすることも出来ます。

usage03_03

 

このあたりはWindows 10の新しい「ストア アプリ」(=UWP版アプリ)に仕込まれた新しい仕組みで、対応しているアプリはウィンドウのサイズに応じて自動的に最適なレイアウトを取ることが可能になっています。

ちなみに、メールタイトルの一覧画面でウィンドウの横幅を狭めると次のような表示になりますが、これはWindowsスマホのメールアプリの表示とほぼ一緒のものです。

usage03_04

メールの新規作成

新しくメールを作って送信するには、起動直後にメールのリストを表示している画面の右上にある「新規メール」のボタンをクリックします。

usage03_05

 

すると次のようなメール作成画面が開きます。

usage03_06

 

送信先メールアドレス入力の際には、連絡先リストにあるメールアドレスとの自動的な増分検索(インクリメンタルサーチ)を行なって、候補を示してくれます。

usage03_07

 

本文など必要な情報を入力したら、画面右肩にある「送信」ボタンのクリックでメールを送ることができます。

usage03_08

 

メールの削除

メール削除は主に二通りのやり方があります。

本文を表示しているときには、画面左肩のごみ箱のアイコンの「破棄」ボタンをクリックするとメールを削除できます。

usage03_09

 

明らかに迷惑メールと分かっているメールなど、開く必要がない/開かない方が安全なメールは、メールのタイトル一覧の画面から削除することも出来ます。この際には、メールのタイトルの後ろにあるごみ箱アイコンのボタンを使います。

usage03_10

 

メールへの返信

届いたメールに返信する場合には、メール本文を表示した状態で、画面上にある「返信」ボタンをクリックします。

usage03_11

 

あとは、返信の用件を入力してメール送信の時と同じように、画面右肩の「送信」ボタンをクリックします。

usage03_12

 

各種設定への入り方

メールアプリの各種の設定を行なうには、起動時の画面の下にあるギア型のアイコンの「設定」ボタンをクリックします。

usage03_13

 

設定のメニューが右側からせり出してきますので、この中から行ないたい設定を選択します。

usage03_14

 

例えば署名を変更したい場合には、「署名」をクリックします。

usage03_15

 

すると署名を設定するためのサブウィンドウのような画面が現れますので、こちらで設定を行ないます。

usage03_16

 

署名の内容は、メールアカウントごとに別のものを設定することももちろん可能になっています。

usage03_17

 

Windows 10標準のメールアプリはとてもシンプルなものですが、必要最低限の機能は備わっています。まずはこちらでメールを初めてみるのというのも十分ありではないかと思います。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-windows10

執筆者:


  1. マツイ久幸 より:

    zaq.のメールアドレスが追加できませんがどうすれば出来るんでしょうか,
    メールアドレスの覧とパスワードの覧しかなくどのメールアドレストパスワードを入れるんでしょうか、それを入れると前に進めません、しつこくしてると
    POP3とpop4?何某が出てきて受信サーバーは出るんですが送信サーバーの覧がありませんよろしくお願いします。、

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

windows10でフォルダなどのファイルを共有する設定方法

windows10でローカル接続されているパソコンとフォルダ等を共有する設定についてご紹介します。 この設定をすることで、家庭などで複数台パソコンを使う場合に 作業データを共有して使えるようになるので …

windows10の拡張子の表示方法や関連付け(既定のアプリ)の設定、隠しファイルの表示方法について

windows10の拡張子の関連付け、既定のプログラムの設定方法を紹介します。 拡張子というのはプログラムやファイルごとに識別するための文字です。 そして拡張子というのはファイル名の末尾に記載されるも …

windows10でgmail,yahoo,icloudのメールを設定する手順

windows10で標準装備されているメールソフトを使ってgmailアカウントの登録や プロバイダ用のメールアカウントの設定方法、まだメールアカウントを持っていない方用に 新規でメールアカウントを作成 …

Windows10で回復ドライブを作成する方法

回復ドライブを作成しておくと万が一のトラブルでパソコンが起動できなくなったときに、Windoows 10の再インストールを行うことが出来るようになります。 イメージとしては、Windows 10のイン …

Windows10でPDFファイルを開く方法

どんな機器でも同じフォーマットで文章を閲覧可能なPDF形式。とても便利でファイルサイズも小さく、表示もとてもキレイです。 Windows 10でこのPDFファイルを扱うにはどうしたらよいでしょうか。 …