windows操作

Windows10の操作方法をメインにご紹介しています。

windows10

Windows10をセーフモードで起動するには

投稿日:2016年8月4日 更新日:

Windowsの動作が不安定になったりした場合に、原因を突き止めるための手段として便利なものの一つが「セーフモード」です。Windowsを最低限の内容で起動して余分な常駐プログラムやドライバーを外すことで、動作が不安定になった原因を突き止めるのに役立ちます。

この記事ではWindows 10でセーフモードでの起動を行なうための手順をご紹介します。

設定画面経由で再起動

まずはパソコンを設定画面を経由して再起動してやります。そのためにはスタートメニューから「設定アプリ」を起動します。

usage08_01

 

設定アプリからは「更新とセキュリティ」を選択します。

usage08_02

 

更新とセキュリティ」の画面から「回復」を使用します。

usage08_03

 

回復」のメニューの中の「今すぐ再起動する」ボタンをクリックします。

usage08_04

 

これでWindows 10起動時に特別なオプションを指定することが出来るようになります。

起動オプションを選択

パソコンの再起動がかかって少し待ったあと、次のオプション選択の画面が表示されます。こちらの画面では「トラブルシューティング」をクリックします。

usage08_05

 

トラブルシューティング」の画面からは「詳細オプション」をクリックします。

usage08_06

 

詳細オプション」の画面では、「スタートアップ設定」を選択します。

usage08_07

 

スタートアップ設定」の画面に切り替わったら、「再起動」のボタンをクリックします。

usage08_08

 

もう一度パソコンが再起動され、「スタートアップ設定」のメニューが表示されます。こちらの画面の状態ではマウスやタッチパネル操作には反応しませんので、キーボードからメニューの番号を入力します。

セーフモードでの起動を行なうにはキーボードから「4」を入力します。

usage08_09

 

Windows 10が起動してログインのパスワードを入力する画面になりますので、パスワードを入力してWindows 10にログインします。

usage08_10

 

画面の右上、スタートメニューのすぐ上に「セーフモード」の文字があれば、Windows 10はセーフモードで起動していることの証です。

usage08_12

 

ここから各種調査などを行なうことが出来ます。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-windows10

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

windows10で範囲指定してスクリーンショットを撮る方法!

前の記事でwindows10でスクリーンショットを指定のウインドのみ撮る方法を紹介しました。 今回は、自分で範囲を指定してその範囲をスクリーンショットで保存する方法を紹介したいと思います。 この機能は …

windows10でMicrosoftEdgeから他のブラウザに変更する設定方法

windows10から搭載されたMicrosoftEdge。 Microsoftはこのedgeを使わせようとしてますが、やはり今まで使っていたブラウザを継続して使いたいですよね。 しかも 初期設定です …

Outlookがセーフモードで起動してしまう場合の解除法!

2015年の12月分のwindows updateを行った人は、 outlookを起動するときにセーフモードで起動してしまう事象が発生しているようです。 セーフモードを解除するには、今回当たったパッチ …

windows10のISOファイルの作成しマウント・DVD、USBにデータを書き込む方法

windows7やwindows8ユーザーの方は2016年の7月末まで無償でwindows10にアップグレードが出来るのはご存じかと思います。アップグレード方法はいくつかあり、1つはwindowsup …

Windows10で回復ドライブを作成する方法

回復ドライブを作成しておくと万が一のトラブルでパソコンが起動できなくなったときに、Windoows 10の再インストールを行うことが出来るようになります。 イメージとしては、Windows 10のイン …