windows操作

Windows10の操作方法をメインにご紹介しています。

windows10

Windows10の標準フォントを変更する方法

投稿日:2016年8月18日 更新日:

Windows 10は特にリリース後のスタート時点で、画面のフォント表示に関して評判が今ひとつでした。その関係もあって今でも「フォントの表示が汚い」というイメージが残っているかもしれません。

この件にはいくつか要素があって、それらがごっちゃになってしまっている感もあります。その部分をゴチャゴチャにしたままですと、問題の解決がちょっと面倒になりますので、Windows 10のフォントが汚い、と感じておられる方は、ご自分は何が気になっているのかしっかりと切り分けを行った方が良いでしょう。

Windows 10のフォントの問題

一つはWindows 10のフォントのレンダラーと呼ばれる、フォントの画面表示用データを作るためのプログラムの性能が今ひとつだったことが上げられます。

フォント表示はWindows 10以前のバージョンからWindowsの弱点の一つだったのですが、それがWindows 10にも引き継がれているかたちです。

ただ、こちらは最新のWindows 10では少しずつ表示品質が改善されてきています。

もう一つはフォントのデザインが変わったことです。Windows 7などで使われてきたシステム標準の「メイリオ」と呼ばれるフォントから、Windows 10では「游ゴシック」というフォントに切り替わりました。

この游ゴシックのデザインは特に数字、ひらがな、カタカナがメイリオよりもスリムなデザインとなっていて、見慣れるまでは違和感を感じる方も多いと思います。

こちらの問題は要は「慣れ」の問題ではあります。游ゴシックに慣れると逆にメイリオのひらがな、カタカナは少し間延びした雰囲気に見えてしまう可能性もあります。

この2点が混じってしまう形で「フォントが汚い」問題を分かりにくくしているように思います。まずは、ユーザーそれぞれが主にどちらが気になっているのかを切り分けることが解決の近道です。

さて、ちょっと脱線してしまいましたが、今回ご紹介する方法では、Windows 10のシステム標準のフォントをWindows 7の標準のメイリオなどに一発で変更することが可能です。游ゴシックのフォントデザインにどうしてもなじめない方は、こちらの方法が役に立つかもしれません。

今回はインプレスの「窓の杜」からツールをダウンロード

Windows 10ではシステム標準の機能でシステムフォントを変更することが出来ません。このためフリーのサードパーティー製のツールを利用します。

今回利用するツールの名前はなんと「Windows 10 フォントが汚いので一発変更!」です。

このソフトのダウンロードを今回はインプレスが運営する「窓の杜」というサイトから行っています。ダウンロードページには次のアドレスからアクセスします。

http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/win10fontchg/

ダウンロードページはこのような形になっています。

usage13_01

 

ページの中の「窓の杜からダウンロード」をクリックしてダウンロードをスタートします。

ページが次のものに切り替わり、しばらく待つと自動でダウンロードが開始されます。

usage13_02

 

今回はEdgeから操作を行っていますが、ダウンロードが始まるとファイルをどこに保存するかをEdgeが尋ねてきますので、今回はそのまま「保存」をクリックします。

usage13_03

 

この際ファイルは「ダウンロード」フォルダに保存されます。また、別のフォルダに保存したいときには「名前をつけて保存」ボタンをクリックして保存先を指定します。

ダウンロードが完了すると保存したファイルに対する操作の指定を求められます。

usage13_04

 

開く」をクリックして取ってきたZIP形式のファイルの中身をそのまま参照します。

「Windows 10 フォントが汚いので一発変更!」のプログラム本体がそのまま格納されていますので、「FontChanger」をダブルクリックして実行します。

usage13_05

 

すると「Windows 10 フォントが汚いので一発変更!」の次の画面が開きます。

usage13_06

 

あとは、使いたいフォントをWindowsのバージョン名を指定することで設定することが出来ます。Windows 7ならばメイリオWindows 8/8.1ならばMeiryo UIに切り替わります。

対応しているアプリはこのボタンをクリックしただけで表示が切り替わりますが、未対応のアプリもまだまだあるはずですので、「Windows 10 フォントが汚いので一発変更!」のボタンをクリック後、Windows 10から一度サインアウトして、もう一度サインインし直す方が確実です。

ちなみに、メイリオフォントで表示したWindows 10のエクスプローラはこのようなイメージになります。

usage13_07
こちらがシステム標準のYu Gothic UIでの表示です。

usage13_08

 

フォント切り替えは「Windows 10 フォントが汚いので一発変更!」から一発で行えますので、それぞれに合ったフォントを探すと良いと思います。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-windows10

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

windows10でプリンターのドライバ追加や共有の設定方法

windows10でのプリンターのドライバ追加方法や設定方法についてご紹介していきます。 目次1 プリンタードライバの追加方法2 プリンタードライバの削除方法3 プリンターがオフラインになって印刷でき …

Windows10で回復ドライブを作成する方法

回復ドライブを作成しておくと万が一のトラブルでパソコンが起動できなくなったときに、Windoows 10の再インストールを行うことが出来るようになります。 イメージとしては、Windows 10のイン …

windows10のデフラグの自動設定スケジュールや効果について

windows10のデフラグ設定はwindows7同様に初期設定だとスケジュールが組まれているので自動的にデフラグは行われます。 ですがPC環境よってはほかのデフラグソフトを使用しているのでこのwin …

windows10のスタートメニューの追加や削除などの編集方法

スタートを押したときに表示されるメニューの編集方法を紹介します。 目次1 スタートメニューに追加する方法2 スタートメニューのアプリを削除する3 スタートメニューのアプリを編集するには4 スタート画面 …

Windows 10で警告音を消したり変更する方法

Windows 10では各種通知の際の効果音には、標準設定だと非常に柔らかい耳触りの良い音を使うようになっています。特に内容が警告はなく一般的な通知レベルのものだと、きちんとしたスピーカーで聴くと耳に …