windows操作

Windows10の操作方法をメインにご紹介しています。

windows10

Windows Live Mail 2012からOutlookへのメールの移行方法

投稿日:2016年11月6日 更新日:

Windows Live Mail 2012は2017年1月10日をもってサポートが打ち切られることが、既にマイクロソフトから発表されています。ダウンロードページにも次のような注意書きがよく見える場所に掲げられています。

usage27_08

 

Windows Live Mailの後継ソフトは開発が行われていませんので、できれば今年中にメール環境を他のメールソフトに移行しておく必要があります。

今回は引っ越し先のソフトとしてOfficeスイートの一つOutlookを使うケースを想定して、メール関連のデータの移行手順をご紹介します。

メールデータの移行

まずメール本文などのメールデータをWindows Live MailからOutlookに移行する手順を説明します。

実はこの手順は他のメールソフト間のデータの移行よりもずっと簡単です。

通常は、移行前のソフトでメールのデータをエクスポートして移行先のメールソフトでインポートする2回の手間が必要ですが、Live MailからOutlookの場合には、Live Mail側でエクスポートの処理を行うだけでOutlookへの引っ越しが完了するイメージです。

Windows Live Mail側でメールのデータをエクスポートするには、以下の手順で操作を行います。

Live Mailの「ファイル」のタブから「電子メールのエクスポート」をメニューを出し、その中から「電子メール メッセージ」を選択します。

usage27_01

 

すると「Windows Live メール エクスポート」のサブウィンドウが開きますので、ここで「Microsoft Exchange」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

usage27_02

 

さらに確認のサブウィンドウが表示されますので、「OK」をクリックして処理を開始します。

usage27_03

 

プロファイルの選択」のサブウィンドウが出ますので、通常はそのまま「OK」をクリックします。

usage27_04

 

Live Mail側からエクスポートするデータの入ったフォルダを指定するサブウィンドウが開きます。通常は「すべてのフォルダー」にチェックが入った状態のまま「OK」ボタンをクリックするだけで良いでしょう。

usage27_05

 

メールのフォルダ分けなどを行っていて、その一部だけをOutlook側に移行したい場合には、ここで移行したいフォルダを選択する形になります。

以上の操作でOutlookへのデータの移行は完了です。

usage27_06

 

Outlookを起動すると、メール本文がしっかりとOutlook側から見える形になっています。

usage27_07

 

メールアカウントの移行

上の手順で移行が行えるのはメール本文だけのデータで、プロバイダーなどのメールサーバーに接続するためのアカウント情報は移行できません。

このためさらにメールアカウントの移行が必要になるのですが、Live MailからOutlookに引っ越しを行う場合では、スマートにメールアカウントの情報を移行できる仕組みがないようです。

このため、Outlook側でプロバイダーからもらっているメール接続のための情報を参照しながら、新規のメールアカウントを作成する形が一番楽な方法になると思います。

Outlookでメールアカウントを追加するには、「ファイル」タブの「アカウントの追加」ボタンを使います。

usage27_09

 

新しいアカウントの追加」ウィンドウでは、一番下の「自分で電子メールやその他のサービスを使う設定をする(手動設定)」を利用するのが一番確実だと思います。

usage27_10

 

追加するアカウントの種類の選択画面では、「インターネット電子メール」を選びます。

usage27_11

 

あとはこちらの画面でプロバイダーから提供されている、メールアカウントの情報を入力すればOKです。

usage27_12

 

注意事項

著者も以上の手順の確認を行う際に引っかかったのですが、Live MailからExchange形式を使ってOutlookにメールデータの移行を行う方法は、Outlookが32bit版でないと使えません。

64bit版のOutlookがインストールされているパソコンでは、エクスポートの処理がエラーとなってしまいます。

usage27_13

 

この点には注意が必要です。

Outlookが32bit/64bitのいずれかを確認するには、ファイルタブのヘルプを使います。

usage27_14

 

以上のような表示になっているOutlookでは、この記事でご紹介したメールデータの移行方法は利用できません。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-windows10

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Windows10で左右、上下画面分割する設定方法は?ショートカットや解除、無効にする方法もご紹介!

Windowsは複数のアプリを別々のウィンドウとして開いて活用できる「マルチウィンドウ」と呼ばれるタイプのOSです。 物理的な画面の大きさとも合わせ、マルチウィンドウ機能は作業の際の効率を大きく引き上 …

windows10のシャットダウンや再起動をコマンドで行う方法やタイマーを設定する方法

windows10での自分で設定した時間にシャットダウンさせるための方法を紹介します。 普段パソコンを使っていて、何かの作業があと20分で完了するんだけど今からすぐ出かけないと行けなくなった。なんて事 …

SSD(ソリットステートドライブ)をデフラグしてみよう!

最近では、当たり前に使われるようになったSSD。 しかしSSDと言えど、ファイルの書き込みを頻繁にする事で、 HDD(ハードディスクドライブ)と同様に断片化(フラグメンテーション)します。 勿論、断片 …

Windows10のプロダクトキーを確認する方法

Windows 10では一度設定したプロダクトキーをOS本体の機能で確認することは出来なくなっています。以前はレジストリにキーの値が書き込まれていたようですが、現在はそのような形でプロダクトキーが保存 …

windows10でバックアップするやり方はこれ!

windows10のバックアップ方法について紹介します。 バックアップを取っておくことであるとき突然パソコンが不安定になった・・・どうしよう なんて時にも復元することで正常な状態に戻したり、間違えて大 …