windows操作

Windows10の操作方法をメインにご紹介しています。

windows10

Windows 10でアイコンの大きさや間隔を変更する方法

投稿日:

Windows 10でも今までのバージョンのWindowsと同様にアイコンのサイズや、デスクトップのアイコン表示の間隔などの調整、アイコン自体の変更が出来るようになっています。

この記事ではWindows 10でのアイコン周りの使い方について説明していきます。

アイコンの大きさ、サイズを変更する設定

デスクトップのアイコンは2つの方法でサイズの変更が可能です。

一つ目はデスクトップ画面の壁紙部分を右クリックして表示されるメニューを使用する方法です。

デスクトップの何もウィンドウがない部分で右クリックすると次のようなメニューが表示されますので、「表示」にポインターを重ねて「表示」のオプションメニューを表示させます。

usage47_01

 

このオプションのメニューから「大アイコン」「中アイコン」「小アイコン」を選ぶことでアイコンの大きさの変更ができます。

規定値は「中アイコン」になっています。

大アイコンを選ぶとこんな大きさのアイコン表示になります。

usage47_02

 

小アイコンだとこちら。

usage47_03

 

また、やはりデスクトップ画面の何もないところでCtrlキーを押しながらマウスのホイールを回すことで、アイコンのサイズを連続的に変えることもできます。

最大サイズまで拡大するとこのような表示になります。

usage47_04

 

最小サイズはこちら。

usage47_05

 

拡大した場合にアイコンの枠だけが大きくなってアイコンの画像が拡大されていないのは、そのアイコンデータには拡大表示用の画像データが準備されていないためです。

シンプルにBMP形式の画像データの拡張子を「.ico」に書き換えるだけで作ったようなアイコン画像のデータだとこのような状態になります。

今の.ico形式のファイルには、複数の大きさのアイコン用画像が登録できるようになっていて、巨大な表示が可能なアイコンには、それようのかなり大きな画像データが格納されているのです。

アイコンの間隔を変更する設定

Windows 7までは、デスクトップのアイコンの間隔の設定をコントロールパネルから行うことができました。ですが、Windows 10ではこの設定画面が省略されています。このため分かりやすい設定方法でこの調整を行うことはできなくなっています。

Windows 10でデスクトップのアイコンの間隔の調整を行ないたい場合には、面倒ですがレジストリエディターを使用する必要があります。

レジストリエディターの起動は、WindowsキーとRキーの同時押しで表示される「ファイル名を指定して実行」ウィンドウの入力欄に、「regedit」と入力してEnterキーを押すのが楽でしょう。

usage47_10

 

レジストリエディターが起動したら、コンピューター => HKEY_CURRENT_USER => Control Panel => Desktop => WindowMetrics とたどっていきます。

アドレスバー」を表示させて以下の値を直接入力すると早いでしょう。

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics

usage47_11

 

こちらの画面の「IconSpacing」の値を変更すると、アイコンの横方向の間隔が変わります。「IconVerticalSpacing」の値を変えると、アイコンの縦方向の間隔を変更できます。

ここではアイコンの横方向の間隔を調整してみます。

そのためには「IconSpacing」を右クリックしてメニューを出します。

usage47_12

 

ここで「修正」を選びます。

「文字列の編集」というサブウィンドウが開きますので、こちらの「値のデータ」の部分を書き換えます。縦方向の間隔の値と同じ「-1125」に設定してみます。

usage47_13

 

「OK」ボタンをクリックしたあと、Windows 10を再起動します。こうすることで設定が反映されます。

変更前のアイコンの間隔はこのようなかたち、

usage47_14

 

変更後はこのように横方向が少し詰まった表示になります。

usage47_15

 

アイコンを変更する設定

Windows 10でも多くのアイコンは自由に画像を変更することが可能です。

変更を行なう際には画像を変えたいアイコンを右クリックしてメニューを表示させ、「プロパティ」を開きます。

usage47_20

 

「ショートカット」のタブの「アイコンの変更」ボタンを利用します。

usage47_21

 

「アイコンの変更」というタイトルのサブウィンドウが表示されますので、こちらから他のアイコンデータを選びます

usage47_22

 

「参照ボタン」を使ってアイコンデータの入ったファイルを選択します。

C:\Windows\System32\shell32.dll」または「%SystemRoot%\System32\shell32.dll」のファイルにWindows 10で一般的に使われるアイコンデータが含まれています。

usage47_23

 

このようなアイコンデータの一覧などから、利用したいアイコンを選んで「OK」ボタンをクリックすることでアイコンの変更ができます。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-windows10

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Windows 10 – desktop.ini ファイルを非表示にする方法

Windows 10をインストール、またはWindows 10マシンを使い始めて自分なりの設定を行っているうちに「desktop.ini」というシステムファイルが知らないうちにデスクトップ上に表示され …

windows10で高速スタートアップを設定(無効)する方法

windows10の初期設定で有効になっているこの「高速スタートアップ」の無効にする設定方法を紹介します。   この高速スタートアップというものは、簡単にいうとパソコン(windows10) …

Windows10をセーフモードで起動するには

Windowsの動作が不安定になったりした場合に、原因を突き止めるための手段として便利なものの一つが「セーフモード」です。Windowsを最低限の内容で起動して余分な常駐プログラムやドライバーを外すこ …

windows10でgmail,yahoo,icloudのメールを設定する手順

windows10で標準装備されているメールソフトを使ってgmailアカウントの登録や プロバイダ用のメールアカウントの設定方法、まだメールアカウントを持っていない方用に 新規でメールアカウントを作成 …

windows10updateのスケジュールは?カタログでダウンロード、インストールを行う方法

皆さんはWindowsupdateを意識していますか? 自動updateされていた方は特に意識されていないかもしれませんが 実はwindowsのupdateはスケジュールが決まっています。 &nbsp …