【Windows10】インストールメディア(ISOファイル・USBメモリ・DVD)の作成方法

システム
スポンサーリンク

インストールメディアを作成するための準備

・インストールメディアを作成する際の注意事項ですが、USBフラッシュドライブを使用する場合

空き容量8GB以上必要になります。

 

ISOファイル・USBフラッシュドライブ・DVDメディアなどにインストールメディアを

作成するためにまずはMicrosoftからメディアを作成するツールをダウンロードします。

Windows 10 のダウンロード

■上記のサイトから「ツールを今すぐダウンロード」をクリック

■ファイル名「MediaCreationTool○○○○.exe」ファイルがダウンロードされます。

※○の部分はWindows10のバージョンによって異なります。

ダウンロードの場所や表示方法についてはこちらから確認出来ます。

404 NOT FOUND | Win10操作ガイド
windows10について誰でもわかる解説をしていきます。

USBメモリにインストールメディアを作成する

■ツールを起動しライセンスの「同意する」をクリック

■実行する操作画面にて「別のPCのインストールメディアを作成する」を

選択し「次へ」をクリック

■言語・アーキテクチャ、エディション選択の画面になります。

初期設定では、「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックが入っていて

設定出来ないようになっているので、言語など設定を変更したい場合は、☑をはずして

変更してください。最後に「次へ」をクリック

■使用するメディアの選択画面にて「USBフラッシュドライブ」を選択し、次へをクリック

■保存先となる対象のUSBフラッシュドライブを選択し、「次へ」をクリック

■USBメモリにインストールメディアが作成されるので準備できるまでしばらく待ちます。

そして「完了」をクリック。これで作成完了です。

 

インストールメディアをISOファイルで作成しDVDドライブに焼く

■ツールを起動しライセンスの「同意する」をクリック

■実行する操作画面にて「別のPCのインストールメディアを作成する」を

選択し「次へ」をクリック

■言語・アーキテクチャ、エディション選択の画面になります。

初期設定では、「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックが入っていて

設定出来ないようになっているので、言語など設定を変更したい場合は、☑をはずして

変更してください。最後に「次へ」をクリック

■使用するメディアの選択画面にて「ISOファイル」を選択し、「次へ」をクリック

■ここでは、ISOファイルの保存場所を決めます。保存場所など決めて

「保存」をクリック。ISOファイル作成完了までしばらく待ちます。

■ISOファイルが完了するとそのままDVDに焼く設定画面になるので、

ここで「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリック

■Windowsディスクイメージ書き込みツールが起動するのでここで

先程作成したISOファイルがイメージファイル担っているかの確認と

「書き込み後のディスクの確認」に☑をいれて「書き込み」をクリック

■ディスクに書き込みが完了すると状態の項目に

「ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました。」と表示されるので

「閉じる」をクリック。

■セットアップ画面に戻るのでここで「完了」をクリックし作業完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました